ハイスループット 生物発光測定解析システム

画像:ハイスループット 生物発光測定装置

特長

  • 大規模な測定解析が可能なウルトラハイスループット測定解析システムです。
  • 画像イメージングによって様々な形状の試料がリアルタイム測定できます。
  • 制御系に工業用ロボットで実績の高い技術を採用することで抜群の動作安定性を確保しています。
  • 独自の技術により高速処理が可能です。
  • 試料搬送ロボットは測定試料や用途に合わせてカスタム製作致します。
  • 操作はPC上のソフトウェアで容易に行うことができます。また、リアルタイムに測定画像から発光データの定量化・視覚化・解析を行うことができます。
  • 測定解析ソフトウェアが標準添付されています。

用途

  • 鍵遺伝子の発現量やパターンを指標とした突然変異体や有用生物株および化合物の大規模スクリーニング
  • 様々な形状の生物試料の遺伝子発現解析
  • ストレス応答や環境評価
  • 概日リズムの測定
  • ATPを指標とした汚染検査

主な仕様

光検出器 高感度CCD
対応試料容器 「A4の面積×13cmの高さ」までの試料容器
搭載プレート数・試料数 「A4の面積×13cmの高さ」までの試料×50枚・19,200試料(96ウェルプレートの場合ならば、プレート4枚×50組=200枚)
処理速度 19,200試料/最短100分(96ウェルプレート使用の場合)
付属品 制御盤、デスクトップPC、測定解析ソフトウェア、ケーブル類、マニュアル類
寸法・重量・電源 2,210(W)×4,600(D)×2,100(H)・1,300kg・三相 200V(5kVA)
オプション 各種カスタマイズ:CCDカメラの機種、暗箱モジュールの数、試料台の規模や形状、装置寸法、温調やCO2ガス制御、植物用培養照明 など

本製品は科学技術振興機構(JST)「先端計測分析技術 機器開発プログラム」における名古屋大学 小内先生・石浦先生との共同開発品です。

カタログ

【受付】9:00~17:00(月-金)

バイオ機器課:0562-93-8185

メールでのお問い合わせ