直流集電箱

直流集電箱

システム構成例

スペック

標準使用環境

周囲温度 屋外型-20~+40℃ (直射日光が当たらない事) (※1)
標高 2000m以下
防水性能 IP44
設置対応地域 一般地域,塩害地域,重塩害地域 (※2)
筐体形状 壁掛形,自立形
適用電圧範囲 DC600V,DC750V,DC1000V
出力側 導体接続
入力側 配線用遮断器
集電回路数 2回路~
PVの電路接地 非接地
雷保護 SPD-ClassⅡ (オプション)
計測機器通信 RS-485 (Modbus)

※1 直射日光が当たる場合には別途ご相談ください。

※2 塩害地域:海岸より300mを超え1km以内、重塩害地域:海岸より300m以内

特長

配線用遮断器

海外で認知されている国際商品

シュナイダーエレクトリック社

コンパクトNSXシリーズを標準採用。200Aまで同一フレームの為、コンパクト。3極タイプはDC750Vまで、4極タイプはDC1000V対応。ニーズに合った設計が可能となりました。

集電計測機器(オプション対応)

ストリング監視よりも上位レベルでの発電監視。
計測ポイントが接続箱単位の為、コスメリットが高い。

雷保護 (SPD)

JISクラスⅡ 誘導雷対応可能
最大放電電流 40kA (8/20μs)
劣化表示機能搭載
※SPDのクラス変更やバリスタへの対応も可能です(別途打ち合わせ要)

【受付】9:00~17:00(月-金)

特機事業部:0562-92-2451

メールでのお問い合わせ